2019/09/30

Launch report and operation plan 打上げ報告と運用計画(2019.9)

3U CubeSat OrigamiSat-1 / FO-98 (JS1YAX) was launched into the prescribed orbit (500km altitude Sun-synchronous orbit) on Jan. 18, 2019 at 10:57JST by the Epsilon-4 rocket. Just after the successful launch, the satellite and the ground station successfully established uplink/downlink communication.

However,

  • After 6.5 days of operation (CW/FM downlink, FM uplink), CW downlink from the satellite stopped.
  • After the signal loss, 5.8GHz downlink mission was tried, but no response was heard until Jun. 1, 2019.
  • Between Jun. 3 and Jul. 24, membrane deployment commands were sent, but no significant change in satellite altitude was observed. This implies that the membrane has not been deployed.

The following document reports the situation of satellite operation after the launch, basically for amateur radio operators, who sent a significant amount of on-orbit data.

3UキューブサットOrigamiSat-1/FO-98 (JS1YAX)は、2019年1月18日 10:57JST イプシロン4号機により予定通りの軌道(高度500km太陽同期軌道)へ打ち上げられました。

しかし、

  • 6日間半の運用(CW/FMダウンリンク,FMアップリンク)後、CWダウンリンクが停止した。
  • 以降2019年6月1日まで、5.8GHzミッションの実行を試みるが、応答が得られなかった。
  • 2019年6月3日から7月24日まで、膜展開の実行を試みるが(膜展開が実行されれば発生するはずの)衛星高度に変化がなかった。

多数の軌道上データを取得して下さったアマチュア無線家の皆様を主な対象として、現在(2019年9月末)の時点での、衛星打ち上げ後の経緯を、以下の資料にて報告します。さらなる詳細については、今後も本ブログや学術論文にて公表を続けます。

OrigamiSat-1 launch/operation report(As of Sept. 2019)(PDF, 2.9MB)

「OrigamiSat-1打上げ・運用報告(2019年9月)」(PDF、3.5MB)

 

The project team really appreciate Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) who launched the satellite and provided significant technical support, amateur radio operators who received satellite telemetries, and all others who supported the project.
改めまして、打ち上げの機会を提供し多大なる開発支援を下さった宇宙航空研究開発機構(JAXA)の皆様、多くの軌道上データの受信報告を下さったアマチュア無線家の皆様、そしてOrigamiSat-1を支援下さったすべての皆様に感謝を申し上げます。

3U CubeSat OrigamiSat-1 Principal Investigator, Hiraku SAKAMOTO, Ph.D., Sept. 30, 2019
3UキューブサットOrigamiSat-1 開発責任者 坂本啓 2019年9月30日

 

Related Articles